Abstract Submission

発表申込

発表者の資格 Eligibility for Presentation

発表者は、共同研究者も含めて、全員、日本スポーツ教育学会、韓国スポーツ教育学会、台湾スポーツ教育学会のうちのいずれかの正会員であることが必要です。
All the authors of the abstract must be members of the Korean Association of Sport Pedagogy, the Taiwan Society for Sport Pedagogy, or the Japanese Society of Sport Education.
日本スポーツ教育学会への入会は、http://www.jsose.jp/nyukai.html のサイトから申し込むことができます。
スポーツ教育学会会員の第一著者は、著者全員が平成27年度年会費を納入済みであるかを確認してください。

発表言語 Language

研究発表は、英語または日本語で行うことができます。発表する言語で抄録を作成してください。
Please choose either English or Japanese for your presentation and write your abstract in the same language.

第一著者としての発表題数 Number of Abstract Submission
研究発表は、口頭発表またはポスター発表のいずれかを選び、第一著者としての発表は1人1題までとします。
You may submit only one abstract as first author for either an oral presentation or poster presentation.

発表抄録のオンライン投稿 Online Abstract Submission

発表希望者は、発表抄録を5月30日までに本ホームページのマイページから投稿してください。
Submit your abstract by May 30th, 2015 from your MY PAGE.
>> Login MY PAGE
抄録を投稿する際には、下記の2つの領域から1つ選び、選んだ領域の3つのテーマの中から最も近いものを選択してください。
When you submit your abstract, choose one major area and one topic from the following 2 major areas and smaller topics.

領域 テーマ 番号
1.学校体育
In School
カリキュラム
Curriculum
1-1
学習指導
Teaching & Practices
1-2
体育教師教育
PE Teacher Education
1-3
2.学校外のスポーツ
Out of School
カリキュラム
Curriculum
2-1
コーチング
Coaching & Practices
2-2
コーチ教育
Coach Education
2-3

審査結果の発表と参加費納入

審査結果は、7月11日(土)までに発表者に連絡いたします。抄録が採択された場合には、発表者は7月30日(木)までに大会参加費を納入してください(ただし、学術交流協定に基づき、韓国、台湾の協定学会の正会員の参加費は無料です)。
The result of the acceptance will be informed by July 11th. If your abstract is accepted, the first author must complete the registration for participation by July 30th, 2015 (Registration of the members of Korean Association of Sport Pedagogy and Taiwan Society for Sport Pedagogy is free of charge).

抄録作成要領

  1. 研究発表をする時と同じ言語で抄録を作成してください。
    Write your abstract in the same language with your presentation.
  2. 用紙:A4版縦1枚で、和文英文共に本文は一段組とする。
    Printing Format:Abstract shall be laid out in one column on an A4-size sheet in portrait format.
  3. 余白:上下3cm、左右2.5cmとする。
    Margin:Top margin 3cm, Bottom margin 3cm, Right margin 2.5cm, and Left margin 2.5cm.
  4. フォント:和文は、原則として、MS明朝、10.5ポイント以上を使用する。英文の場合は、Centuryの10.5ポイント以上を使用する。
    Font:Century 10.5 point-size or larger
  5. 演題:演題は上段の第1行目または2行目を用い、副題がある場合は改行して書く。12ポイントを使用する。
    Title:Use line 1 and 2 for the titles. If you have subtitle, use line 2 for the subtitle.
  6. 氏名等:演者氏名と共同研究者氏名は、第4行目と第5行目を用いる。所属機関は氏名の後に括弧書きをする。演者には、氏名の前に「○」をつける。
    Author Name:Use line 4 and 5 for authors’ names and affiliations. The author’s affiliation is described in parentheses. Mark the speaker with a circle ○.
  7. キーワード:第6行目に2~5語程度で記入する
    Key words:List 2-5 key words on line 6.
  8. 本文:本文は第7行目から記入する。
    Body text:Body text should start from line 7.
  9. 字数制限:本文の文字数は、和文の場合は46字×35行×1段組とする。英文の場合は、参考文献を含め500 words以内とし、1ページに収める。
    Limited number of words:Your English abstract must not exeed 500 words including references and write within one page.
  10. 図・表等: 図・表や写真などを使用する場合は、直接割り付け、必ず枠内に収める。
    Figures & Tables:Figures, tables, and photos should be laid out within the same printing page.
  11. 形式:形式は、原則として、1目的 2方法 3結果 4考察 5結論 6引用参考文献などの項目別にまとめ、研究として完結していることとする。
    Style:Abstract consists of purpose, method, findings, discussion, conclusion, and references of a completed research.

Download Format

abstract template for peer review      abstract template for clean copy

日本語抄録テンプレート1  日本語抄録テンプレート2

英文抄録の書き方—文例1

Copyright ©  2017   日本スポーツ教育学会  All rights reserved.